So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

M/05 ダブルマガジンポーチ [フィンランド国防軍]

 新しいSavotta製のM/05ダブルマガジンポーチを手に入れたので、古いタイプとの比較をしてみました。

 DSC00098.JPG
 私が持ってる中では、右が一番新しいタイプで順番に左が古いタイプです。
 古いタイプから順番に紹介します。

 DSC00099.JPG
 手元にある一番古いタイプです。
 やはりスパニッシュタブなんですね。

 DSC00102.JPG
 その次に新しいタイプです。
 蓋をするところにベルクロが追加されており、とても使い勝手がよくなりました。
 
 DSC00106.JPG
 旧タイプとの比較ですが、入り口のところにも補強が追加されました。
 
 DSC00105.JPG
 これが今回手に入れたタイプです。
 大きな違いは下部に補強が追加されたくらいですね…

 大した比較ではないですが、多少なり参考になればなーと。
 

M/13 プレートキャリア [フィンランド国防軍]

 久しぶりの更新です…
 フィンランド国防軍が使っている通称M/13プレートキャリアを購入したので、簡単にインプレッションします。

  DSC00087.JPG
 いやぁ すごくJPCです…
 だがしかし…!

  DSC00061.JPG
  
  DSC00064.JPG
 このM/13プレートキャリアは、前面パネルを外して交換することが出来るのです!

  DSC00075.JPG
 この機能のお陰で銃や装備に合わせてポーチ等を交換しなければならない煩わしさを解決できます。

    DSC00066.JPG
 背面にはオプション購入したバックパックを付けました。
 このバックパックは専用品で、前面のパネルと同じようにファスナーによって取り付けます。

  DSC00068.JPG
 バックパックの中はこのようにベルクロが貼られており、
 中に物が入って無いときはバックパックがバタつかないように出来ます。

  DSC00070.JPG
 肩の部分の素材は何なのでしょうかね…
 ラバーっぽいですが、詳しくは分かりません。

  DSC00080.JPG

  DSC00081.JPG

  DSC00082.JPG

 内側には取り外し可能なパットが付いており、
 大きさと厚みの違うパットも付属してたので、好みで交換する事が出来ます。

  DSC00076.JPG
 カマーバンドにも無駄が無いですね…
 前面あたりのウェビングにもベルクロが付いており、Lindnerhof taktikのプレキャリみたいになってます。

  DSC00077.JPG
 カマーバンドの中ですが、どう使用するのか分かりません…

  DSC00060.JPG
 Verseidag Ballistic Protection社のタグが輝かしいですねぇ…

  DSC00095.JPG
 M/05一式とM/13を比べるとこんなに大きさ違うのですね…
 機動性がダンチだ…!

  DSC00055.JPG
 即席で組んでみたらこんな感じになりました。
 フィンランド特殊装備いいですねぇ…

 はやくG&GさんはRk95(GK99)用のマウントベース作ってくださいな…
 あとAimpoint CSもお願いします…

VFC MP7用 QDサプレッサー [トイガン]

 VFC MP7A1用のQDサプレッサーが届いたのでVFC MP7A1についても少し書きます。

 DSC001870001.JPG
 VFCのMP7はリアル寸法と言う事で某メーカー2社の製品より少々大きいですね。
 東京マルイのMP7A1と比較してみると一目瞭然です。


 DSC027760001.JPG
 左がVFC製で右が東京マルイ製です。

 DSC001890001.JPG
 これが本題のQDサプレッサーです。
 「H&Kからライセンス取ったぜ!」刻印がありますが、指でこすればその部分だけ綺麗に消えます…
 リアル刻印派の方には嬉しい仕様だと思います。

 DSC001980001.JPG
 ちなみに本体側の「ライセンス取ったぜ!」刻印も爪でこする程度でこの通り消えます。

 DSC002020001.JPG

 DSC002030001.JPG
 MP7に純正で付いているハイダーで、そのままサプレッサーを装着することが出来ます。
 東京マルイやKSC用オプションのサプレッサーはハイダーを変更しないと取り付かない思いますが、そのハイダーは簡素な形状な物が多い気がします…

 DSC002100001.JPG
 もちろんリアルサイズということで純正のスリングもそのまま付きます。
 東京マルイのMP7A1だとパラコードかリングをかませないと、付きませんでした…

 DSC002140001.JPG

 MP7A1はコンパクトで取り回しが良い上に、GBBなのに装弾数が40発もあるので使い勝手がいいですよねぇ…
 とても面白い銃なのでみなさんも是非是非!

レプリカ ルーシーNVGマウント [ドイツ連邦軍]

 レプリカのルーシーNVGマウントが台湾から届いたので、簡単に実物と比較してみました。

 DSC00122.JPG
 左が実物で右がレプリカです。


 DSC00125.JPG
 ・左側面


 DSC00126.JPG
 ・右側面


 DSC00127.JPG
 ヘルメット固定用のフックの部分です。
 私の持っている実マウントより後のモデルを再現しています。


 DSC00128 (1).JPG
 ・背面
 金属の部分は実物ではアルマイト加工?されていてるのですが、レプリカには施されていないようでザラザラしてます

 DSC00130 (1).JPG
 下面


 DSC00132.JPG
 樹脂の部分の成形はちょっと雑な感じがありますね。
 アームの位置も中途半端な位置で成形されているので、後々加工しようかと思っています。
 
 固定用のゴムの質感は実物の方が柔らかい感じです。

 今までヨーロッパ系の装備のレプリカってあまり無かったので、こういったアイテムが出るのはとても嬉しいですね。今後もどんどん出てくれる事を期待してます。
 
 以上簡単なレビューでした。

MP7用オプションパーツ [ドイツ連邦軍]

どもー
ここのところ忙しくて更新を怠ってしまいました…

今年にMP7用のオプションパーツを手に入れたので、それについて書かせて頂きます。

まずはH&K製ハイマウントベースです。

・左側面
DSC00057.JPG

・右側面
DSC00060.JPG

・上面
DSC00063.JPG

・下面
DSC00061.JPG

・レプZ-Point装着状態
DSC00071.JPG

上面のレイルはZ-Pointに適すように切り欠いてあるようですが、Z-Pointには関係ない切り欠きがあるのでZ-Point,RSA-S専用という訳では無さそうです。

続いてMP7用スリングです。

DSC00073.JPG

DSC00075.JPG

金具辺りのちょっと細めの部分は、固めのゴムが入っているようで少しですが伸びたりします。

オプションパーツを全部つけた状態だとこうなります。
DSC00079.JPG

毎回ですが内容薄くて申し訳ないです…
物に関して質問があればなんなりとお聞き下さい。
答えられる範囲で答えますー

でわでわ

例のアーマー [ドイツ連邦軍]

  お久しぶりです。
  長い間放置してしまっていました…

        DSC00007.JPG

 これはBravo2というアーマーベストです。

        DSC00013.JPG
 
  裏からです。
  ハイドレーションポーチはセットで付いて来ました。


  imagepopupb.jpg

  ドイツ連邦軍の公式サイトにあった写真ですが、この人が着てるアーマーがこれだと思います。
 

 DSC00010.JPG

 ドイツのOberland Gearというメーカー製です。
 イタリア?のDEFCON5ってところも全く同じ様なアーマーベスト作ってるので、実際ドイツ連邦軍の兵士がどこ製のアーマーを使っているのかは分からないのですが、ドイツのメーカー製の方がそれっぽいですよね…


  DSC00012.JPG

  オープンタイプのマグポーチはアーマー縫い付けなので取り外しはできません。
  G36のマグの連結用の爪が邪魔で抜き差しやりにくいので、近いうちに連結用の爪は切り取ってしまおうかと 思っています。


  DSC00011.JPG 

  胸の部分がこのように開くようになっているのですが、何に使うのか分かりません… 
  詳しい方教えて下さい…




6/17 AGITO [サバゲ]

 6/17にAGITOでの貸し切りサバゲに行ってきました。

 今回もリアカン、GBBが優遇されたゲームだったので私には嬉しかったです。
 G36が壊れていたせいで、ドイツ装備で行く事が出来なかったので英軍装備で行きました。

  DSC00139.JPG

 腕にタトゥースリーブとか言う物を付けて行きました。
 遠目で見たらある程度雰囲気でますね。

  148.jpg
 
 GBBのL85を使ったのですが弾の装填不良を起こしたりして大変でした。
 しかしこれがGBBライフルの醍醐味と言えるのでしょう。
 肩のパッチはお遊びです。

  DSC00142.JPG

 こねこね

  DSC00162.JPG

 スッ

  DSC00157.JPG
 
 ドスッ!

 ↑ ISAF流餅つき
  
 AGITOはいろいろと撮影したら楽しそうですね。

DSC00266.JPG

 帰ってからマガジンを確認したら自分で塗った塗装がはげはげになってました。
 これはこれでカッコいいですね。

 次回AGITOに行く機会があれば撮影もいっぱいしたいですね。

LUCIE NVG Mount [ドイツ連邦軍]

 ドイツ連邦軍のLUCIEナイトビジョンゴーグル用のマウントが手元にあるのでちょっとしたレビューを。

 LUCIEナイトビジョンとはヨーロッパの軍隊での使用が見受けられる、2.5世代?ナイトビジョンです。

  DSC00239.JPG

 手元にヘルメットマウントタイプと直接被るタイプがあります。

  DSC00247.JPG

 アーム先のシルバーの部分は磁石になっております。
 ナイトビジョンを固定するのに重要な役目をはたしているのでしょうか。

  DSC00255.JPG

  DSC00254.JPG

 アームの部分は上下前後に位置を調整することが出来ます。
 それでナイトビジョンの位置を調整します。

  DSC00259.JPG

 後ろ側の固定方法は、フックでひっかけるだけの簡単なものです。

  DSC00245.JPG

 直接頭に被るタイプは頬に当たる部分を折りたたむ事が出来ます。

  DSC00243.JPG

 こちらのタイプのアームは前後にしか動きません。
 上下の調整は全体を動かして調整するのでしょうか。

  DSC00256.JPG

 QBさんに被ってもらいました。


 ナイトビジョン自体も欲しいのですが、なかなか手が出るお値段ではありませんね…

SERPAホルスター H&K P8用 [ドイツ連邦軍]

 これは自分の購入品ではなく、友人の為に代理購入しました。
 本人の許可を貰ってレビューしてます。

  DSC00033.JPG

 このホルスターには、ワンタッチでレッグプラットフォームやウェビングに付け替えが出来るパーツが標準で付いてきます。
  
  DSC0001.JPG.JPG

 このように左右のツメを持ち上げてホルスターを回転させると簡単に外れます。
 付ける時もワンタッチで装着出来ます。

  DSC000151.JPG.JPG

 IdZベストに付けてみました。
 細いIdZのウェビングにもしっかりと固定出来ます。

  DSC00042.JPG

 タナカのP8を挿入してみたのですが、入れた感じかなりきついので中を少し削った方が良いかもしれません…
 
  DSC00037.JPG

  DSC00038.JPG

 Level 3ホルスターなので、このようにハンマー辺りの部分もカバーできます。
 銃を抜く時は親指でこの部分のロックを解除し人差し指辺りで銃を固定しているロックを外せば、すぐに引き抜けます。

  DSC00035.JPG

 ばっちりBLACKHAWK!のマークが入ってますが、規格はMOLLEでは無くIdZです。
 
 なんだかよく分からない吊るす装具も付いてきましたが、ちょっと必要性が分からないので割愛させて頂きます。

 今回はこれで以上ですが、これはあくまで友人の物なので私もそのうち買おうかと思います。

2/12 AGITO [サバゲ]

 2/12 お誘いを受けAGITOにサバゲをやりに行ってきました。
 アレだけ大規模なインドアフィールドは初めてでした。
 AGITOは私が住んでるところからとてもアクセスしやすくて助かりました。

 今回までにいろいろと装備が間に合うか心配でしたが何とかドイツ装備で行けました。
 リアルカウントの人は弾数制限無し、フルオートOKという事だったので私はリアルカウントで。

  DSC00015.JPG

 当日はこのような装備で行きました。インドアなのに銃の選択が変なのは見逃してください。
 急遽この日の為にMSA ParacleteのRMVを仕入れました。
 RMV?はここ最近ドイツ連邦軍での使用が見受けられる気がします。
 ↑2/22 RMVの運用について詳しい事は分からないので、詳しい方教えて下さい…

 今回のゲームは復活戦が多くて、大忙しでしたが復活出来る分思い切った行動も出来て楽しかったです。
 そして毎度の事ながら、グレネードが不発ばかりで残念でした…

  DSC00003.JPG

  DSC00519.JPG

 学生時代の友人達を呼び出してチームを編成しました。
 チームと言っても全員が味方チームになることはありませんでしたが;

  DSC00023.JPG

 マグが破損してうなだれるドイツ連邦軍兵士
 G36のマグが銃からよく脱落して、ついには連結用のツメの部分が折れてしまいました…

 DSC00565 (1).JPG

 ちょっと調子に乗ってドヤ顔で撮影してみました…

 写真をもっと撮っておけばフィールドの事も紹介出来たのかもしれませんが、
 今回は撮った写真が少なかったので…

 また行ってみたいフィールドでした。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。